« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

日本語教師養成講座

3回目の授業を受けてきました。

母国語だけど、考え込んでしまう事って結構ある。

今日1番「説明できない!」と思ったのが「こそあど言葉」だった。指示代名詞と言うのかしら?これ・それ・あれ・どれ の使い分け。

例えば、教室の端に私がいて、反対の端にAさんが何かを持って立っていて、私とAさんの間にOさんがいる場合。

私はAさんに「ソレはなんですか?」と尋ねます。Aさんは「コレは△△です」と答えます。次に私はOさんに、Aさんが何を持っているのかを尋ねます。「アレはなんですか?」「アレは△△です」

コレは手に持っていた場合や間近にある場合だけど、ソレとアレの使い分けはなんですか?距離ですか?間接的に尋ねた場合ですか?と先生に振られました。

…??なんやろ?気にもせずに使ってたから、ワカラナイ。

先生の答えは「説明は日本語学習者にとって会話以上に難しいから説明しない。実践のみを繰り返してください」でした。

ほうほう。なるほどね、確かに難しい、端的に説明できないわ。もし理論派というか理屈っぽいというか、そんな生徒に当たったらどうしよう?とか考えている間に授業は進みます。

次は絵のカードを使った落とし穴。

日本では当たり前の男性と女性の絵。例えばトイレの入り口に書いてあるような、男性用がブルーで女性用がピンクでちょっと髪が長く書かれてある絵。私は咄嗟に男性用と女性用を見分けるけど、国によっては色や髪の長さで分けられないという。

ジェスチャーも東欧のブルガリアでは「はい」は首を横に振り、「いいえ」は縦に振り、日本と真逆だそう。

初めての授業で、私にとっての常識は貴女にとって非常識、みたいな話をしたけれど、その延長に色んな事があるんだなぁ。

その後、お互いが先生になってみて5分間ずつ授業をしてみた。私のグループは運良く在日の人がいるから「それは解り易い」「ややこしい」と感想を聞けるので恵まれてる。

実際にやってみると結構むずかしい。日本語が解ってる人が相手だから進むけど、本当の生徒は何が解らないのか、どこまで解ったのか常に気を配らなくっちゃ。

役立つと思えたのは、過去の英語の勉強だった。

「こんなん習ったって、どんなシチュエーションで使えるのさ?」って思ったことがあった。結局、実践で使わないような会話は覚えたって仕方ないし、使わない言葉は覚えられない。即戦力のある会話を中心に教えていこう、と思う。

聴講生から「実際の現場を見学に来ていいよ」とお誘いがあったので近々行ってみようと思う。複数の生徒は当然理解度が違うから、そんな線引きやフォローも見たいと思う。

そして来週は、音声と表記を習い、外国語としての日本語の授業に入ります。

気候が安定しないせいか風邪引きでお休みした人も多かったけど、今日はキレちゃう人もいなくて円満な授業でよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本語講座の日

今日は日本語教師の講座で小道具を使った教授法を習う日だ。

寒いからなのかな?

なんかやる気が出ない…

わざわざお化粧するのも、外出するのも億劫だ…

また今日もつまんない事でキレちゃう人が出るのかな…

ハッ!いかんいかん!

この位の気温で落ち込んでいたら、真冬にはすっかり冬眠してしまうゾ!

行ってしまえば来て良かったと思えるよ。

熱いロシアンティー飲んで、気合入れて行ってこようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラオケグランプリ

25日の土曜日にカラオケグランプリの決勝大会に行ってきた。

前回、関東大会の応援で銀座に出向いて新橋でゴチになって終了したと思っていたら、「中野サンプラザで決勝がありますから、是非!」とお誘いを受けて行くハメになった。中野は以前住んでいたから、懐かしさもあって出かけてみた。

印象に残ったのは2人。

1人はシャイニングオンと森山直太朗を歌って優勝した男性で、この人の歌う、スターダストレヴューの「木蘭の涙」を聴いてみたいと思った。

とは言っても彼が熱唱した、森山某の歌詞が「いっそ○○なら…△△なら…」と、ちっとも「いっそ」じゃないのでクスクス笑ってしまって不謹慎だった、と今頃反省。

もう1人は最終グループにいて決勝まで残った中年の女性。歌も上手でステージ慣れもしていたから丸っきりの素人ではないのかもしれない。

歌は上手いけど、恨み節で聴いてて怖くなった。2曲も聴きたくないと思った。

司会は中山秀ちゃんときれいな女性アナウンサー。決勝まで残る人はやっぱり歌が上手だったけど、ゲストの細川たかしさんや伍大なつこさんとは歴然とした差がある。

どの道もプロになるのは大変だと思う。しみじみ思った。

帰りは寒くて背中を丸めて歩いた。東京には珍しく雪が降りそうな寒さだった。「こんな夜は熱燗よね~」と大騒ぎしながら、それでも帰り道を考えて軽く飲んで地元に帰った。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日本語教師養成講座

2回目の講座に行ってきました。

前半と後半に分けて30分ほどヒンズー語を習いました。勿論ヒンズー語を習得するためではなく、日本語を習う学習者の立場に立つと、どんな授業が解りやすく役に立ち、どんな授業がチンプンカンプンなのかを知るのが目的でした。

前回「常識・非常識」でキレてしまったZさんが今度は「ワケわからない(怒)!」とキレたらどうしよう?と心配したけど、席替えされていてZさんが出席していたかどうかは判りませんでした。

代わりにと言っちゃあナンですが、男性が2人「言ってる意味が解らない(怒)!」と怒って、先生に指されても無視していた。周りの人が「指名されていますよ」と教えたら「何を言ってるのか分からないから返事しないだけです」だって…。

何を言ってるのか解らないのはみんな同じですよ。今日初めて聞く言語なんですから。ヒンズー語を習得するのが目的じゃなくて、全然馴染みのない言語をどう教えてもらったら習う意欲が湧くか、役立つかを知るための授業だって。解らなくても返事くらいできるでしょ、返事くらい。70近いいい年をして…

明後日は小道具を使っての授業の進め方を習います。

「その絵は解りにくい!リンゴかトマトか区別がつかんじゃないか!」とかキレちゃう人がいるかも知れない。

日本語教師になるべく授業を受けているのだけど、世の中いろんな人がいて、違う意味で授業を愉しめる私は人が悪いけど幸せかもしれない…

皆さん、頭の血管が切れちゃいませんよーに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IN THE MOOD

んー、なんか解せない。

氷室のIN THE MOODを先月だったかしら?アマゾンに予約した。

初回限定盤はDVD付きだったし、予約のせいか割引のお得な価格だった。このまま来月アマゾンから「お待たせ~♪」って届くものと信じていたらこんなメールが来た。

「大変申し訳ございませんが、販売元にお客様のご注文を問い合わせましたところ、価格に変更がございました。以下が変更前と後の価格になっています。¥2550改め¥2890」

それで、

「その価格を承認したら指定のURLをクリックしてね。さもなくばキャンセルとみなしますね」という内容だった。

アマゾンとは何度も取り引きしてきたけど、こんな事は初めて。

注文を聞いて問い合わせをしたら値上がってたワケ?注文から大分日が経っているのに今まで確認できなかったワケ?

¥340くらいの事で目くじら立てたいワケじゃないけど、金額の問題じゃないと思う。カード決済でカードの情報打ち込んじゃったけど、その件には一言も触れてないし、ミスがアマゾンサイドにあるのか、氷室サイドにあるのか知らないけど、商売としてその言い分に納得できない。

    なぁーんか変! 不愉快だわ!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

フレンチのランチ

お友達とランチタイムにフランス料理を頂いてきた。

前回9月にご一緒したジプシーのようなお友達と今回は私の行きつけに行ってみた。

ジャガイモのポタージュ(時計回りに)カツオのカルパッチョ、キッシュ、にんじんムース。

メインはお友達は渡り蟹のパスタだったけど、私は朝食にぺペロンチーノを作ったから鶏のクリーム煮パスタ添え、豚のソテーにした。

デザートは「苺のアイス」とフランス人の給仕さんが言ったけどラズベリーじゃないかなぁ?それにティラミス、ハーブティー、赤ワイン、白ワインを1杯ずつ。〆て¥2500なり。おいしかったわぁ~~。

また肥えるぞ、いいのか?私。

よし!明日からダイエットだー! 頑張れ、私!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本語教師養成講座

16日に第1回目の日本語教師養成講座、略して「ミラーさんは会社員です」講座に行ってきました。

生徒は6人のグループが5つで30名、各グループに1人ずつ男性がいました。他に聴講生として講座を終了してボランティアを始めている3つの団体の代表6名が、授業の進め方の勉強に参加しています。

女性は30代~70代で男性は6~70代のリタイア間際かリタイア組みでした。年齢層が高いのにはちょっと驚きました。

まず初めに各グループで自己紹介。名前、住所、応募動機の3点を1分以内で話します。私から行きました。海外のATMの前で「引き出し」や「暗証番号」の英単語がわからず困った事や助けてもらったエピソードを話し、今度は日本で日本語に不自由している人の手助けになりたい旨を時間内で話しました。

中に「元教師」「元○○」と肩書きを言う人がいましたが「どこそこに住んでるAさん、Bさん」だけで肩書きは伏せるように指示が出ました。

アイスブレーキングを経て討論になりました。

いつも思うことだけど、日本は学校教育にないせいか、ディベート慣れしていないから成熟した議論が難しいと思う。

「常識とはなんぞや、非常識とはなんぞや。」をテーマに各グループで話し、「あ、それって本当?」と思ったことを全員で話してたときの事。

Qさん・60代女性は「電車の中でいちゃつく若者、化粧する女性、地べたにしゃがみこむ輩は非常識である、迷惑この上ない」と鼻息も荒い。

対するPさん・60代男性は「そもそも非常識とは他人に迷惑をかける、邪魔になる者と定義する(彼は)から、いちゃついても地べたに座っても、他人の行動の邪魔にならず電車の乗り降りの迷惑にならない端っこでする分にはよかろう。電車内の化粧や食事も口紅をくっつけられたり汁を飛ばされたりしなければ非常識とは言えない」

という発言に対して、「でも見苦しいわよ」「クサイじゃない」といろんな意見が出た。

その中で

「いちゃついてたって化粧したっていいじゃない!どこが迷惑なの?!」とちょっとエキセントリックな物言いをするZさん・50代女性が参戦してきてオヤ?と思った。

そのZさんに反駁した人がいたけれど、それは1つの意見としてそれもアリだろう程度のものだったのにZさんは血相を変えて言い返す。わなわなと震え「わ、私に口答えするの?!」といった感じでちょっと怖い。話す内容も段々興奮してきて「じゃあ、デパートのエレベーター脇の、そばを通る人から丸見えの場所で化粧して貰ったり、服の上からといったって下着を当ててもらったりしてるじゃない!それはハレンチじゃないの!それがハレンチじゃないなら電車の中だけハレンチって言うのはオカシイじゃないの!!」と「!マーク」だらけの意見。

教室内は漣の様に「ざわざわ」が広がっていったけど、反対意見が出てこんなに興奮された日にゃ、議論なんて出来っこないさーと思った。「目引き袖引き」の正しい使い方を知った気もする。

そんなこんなで無事?第1回目が終わったけど、異文化交流はまず己を知って、私の常識が皆に通用するてワケじゃない事を知ろう!ってな内容だった。誰だって自分の「白」という意見を「黒だ」「赤じゃない?」と言われるのは気持ちのいいものではないかもしれない。でも黒だったり茶だったり緑だったりすることもある。

いろんな意見、いろんな見方が出来るんだから自分の意見にのみ固執して、人の意見を聞かなかったり感情に走っては結局自分が損をすると思う。

Zさんが「言い過ぎた」と思ったか「誰も彼も逆らって!」と不愉快に思ったか知らないけど、彼女にも是非次回の講座に参加して欲しいと嫌味じゃなく思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなモノ買ってみた。みかん

オークションで愛媛のお隣、香川県のみかんを落札~!

3L、10キロで¥1800+送料¥700=¥2500なり。

大きいから見た目は立派だけど大味かも…とちょっと心配したけど、とても甘くてジューシー。みかんと言えば「三ケ日みかん」を「さんがにち みかん」と読むのかと勘違いしてたっけ、昔。三ケ日(みっかび)も小振りで美味しいよね。

コタツでみかんは冬の風物詩だけど、我家にはオコタがない。

しかも今日はとっても寒いのに、灯油を配達してくれるお店がわからないので、エアコンの顔だけのぼせる暖房をつけて、ホットカーペットの上で丸まってる私なのです。

またまたハナタレになりそうな予感。

果物でビタミン補給してもう寝ちゃおう!

「ミラーさんは会社員です」講座に昨日行ってきたけど、その話は明日の心なのダ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のワンコ

ここ2週間ぐらい、朝の5時半頃に吠えてたウチの子。時間から推測して新聞配達の人が変わったのかな?ぐらいに考えてたけど、今朝起きたらカセットケースとタバコの吸殻がケージの近くに落ちていた。

なんだろう?誰だろう?

ウチは住人以外はほとんど入ってこないけど、オートロックじゃないからちょっと気持ち悪い。ウチの子は超ビビリで、近くでタバコを吸われたり、モノを投げられたら死ぬ騒ぎをするはずだけどそんな騒ぎもなかった。

考えてもわからないけど気持ち悪いのは変わらないから、夜はリビング側のバルコニーにいさせることにした。これで外部と接点なくなるし、めでたしめでたし!

自分の匂いのないトコで不安なのか窓ガラスの向こうからじっとこちらを見てる。「大丈夫よ、記念に写真を撮ろうね」と写メを撮ってみた。

「君は犬界の氷室だよ、かっこいいね~!男前だね~!」と親バカぶりを発揮していたけど、ガラスにリビングの内部が若干写り込んで、心霊写真みたいだ。

       これはこれでまた気持ち悪いゾ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

飲み会

昨夜はご近所さんを呼んでウチで飲み会をやった。5人ぐらいの予定が倍の10人!

一昨日からオデンを仕込んだけど量が違うと調味料の感覚が分からなくなるものだ。

足りないのもしみったれてるようでヤだから大鍋いっぱいに作った。他に牛肉の赤ワイン煮、きゅうりと大葉の即席漬け、柔らかアタリメ。結構な量だったけど結構ペロっと食べちゃうもんよね。みんなもお菓子や果物の差し入れをしてくれた。あんがと♪

「美味しかった」と喜んで帰ってくれたから、私も嬉しいしこの2日間のドタバタが報われた気がする。

こうして少しずつこの土地に根を生やしていく、この頃の私なのです。

さぁて片付けちゃおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなモノ買ってみた。リンゴ

オークションでつがるのサンジョナゴールドを落札した。

完熟でダンボールを開けた瞬間にいい香り。

 

商品の説明は40個とあったけど、もっと大きいサイズで32個入りだった。

これで送料込みで¥2800。

そのままは勿論だけど、ジュースにしたりコールスローに入れたり、焼いたり…

秋って美味しいものが沢山あっていいわ~。

当分楽しめそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界バレー2006

おめでとう!

偶然チャンネルを合わせて、4セット目から見ていました。

高橋みゆき選手、可愛いね~♪ って親父みたいかな?私

| | コメント (0) | トラックバック (0)

診断結果

先月の人間ドックの結果が出た。

すべて異常なし。視力もコンタクト使用で運転可のレベル。恐れていた肥満もなく、飲酒による影響もなし…あー良かった!まずは一安心。

身長が4ミリ減っているけど、これは測るタイミングかそんなお年頃なのか?!まぁいいや、そのくらいなら。

こういう検査って受けるのチョット怖くて億劫だったけど、こうして異常なしのお墨付きをもらうと、受診してよかったと思える。

また来年も受けようと、今は謙虚にそう思ってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この所、小春日和が続いて気持ちのいい毎日だった。

でも、かなり空気が乾いていて肌が乾燥しきっているのが自分でもわかる。

今日は雨降りで喉と肌がホッと一息ついてる感じがする。

遅くなった衣替えをして、読書三昧の1日にしよう。もうちょっと眠いけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミラーさんは…

申し込んでいた日本語ボランティアの講座に当選して、来週から通う事になった。アマゾンに注文していたテキストが今日届いて早速読んでみた。

「ミラーさんは 会社員 です」

「サントスさんも 会社員 です」

この「会社員」を「医者」にしたり「学生」に変えたりしながら会話をするみたいです。

他には「おはしで ごはんを 食べます」 「富士山は たかい 山です」 「はさみで かみを 切ります」 「桜は きれいです」etc・・・

ふ~~ん、私が英語を習った時もこんな感じに憶えていったんだわー。なんか日本語を習得したい人の不安や期待がわかる気がする。

「日本語ボランティア養成講座」には嫌な思い出が2つある。

以前住んでいた町で、同じような募集を広報で見て応募した。登録後、学習会の連絡はなく「○国の貧しい学生の為の募金をお願い」 そんな葉書ばかり来た。

もう1つは、教材も内容も自由でいい。との事。ただ相手は日本語も英語も通じない国の人で、私はその国の言葉はわからない。どうやったらいいんだろう?と1ヶ月ぐらい保留のままにした。そしたらTELが来て「日本語を教えるノウハウの講座がいついつから始まるので受講しないか?」というお誘い。なんでそんなにかかるのさ~!という金額を聞いて、眉に唾つけお断りをした。

まったく油断も隙もありゃしない。

じゃあ止めればいいのに、と思うトコだけどドッコイ楽しい思いでもあって……

カナダのバンクーバーに遊学していた時は、ランゲージ・エクスチェンジ(Language exchange)をしていた。英語を教わって日本語を教える言葉の物々交換みたいなもんで勿論無料。

あの頃は実にいい加減な教え方で、公立図書館内のカフェテラスで1ドルピザ(1ピース¥80)を食べながら、身振り手振りも交えて教えあったっけ…。言葉以外に吸収するものが沢山あって、こんな風に世界中にお友達が出来たら戦争もなくなるのに、と思った。

こうしてちゃんとした指導を受けながら学べれば安心だわ。

3ヵ月後はボランティアで初級から教えるようになるんだけど、希望通り英語圏の人に教えられればいいなぁ。中国語や韓国語はなじみがないし発音1つで意味が変わるらしいから難しそう。

どうなることやら。  まぁ愉しみましょう、私。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

カラオケグランプリ

Photo 5日にカラオケグランプリ関東大会の応援で、銀座に行ってきました。

主催が第一興商だから演歌が上位に来るだろうと思ったけど、割とばらけたジャンルがトップ10に選ばれてた。良かった!私、演歌ってみんな同じに聞こえるから続けて何曲も聞かされるのはちょっと苦痛。

応援していた人は残念ながら入賞できなかったけど、全国大会に選ばれた3人は上手だった。でも、アレねー。ビジュアルが良いとか、歌唱力があるだけでは売れるご時世じゃないとシミジミ感じましたね。学芸会の延長みたいなのが売れたりして…。玄人はだしの素人でいるのも幸せかもしれない。

二次審査では3人がミーシャを選び、その内の2人は同じ「You're everything」を歌った。無意識に比べてしまうからなんか気の毒。司会の有賀さつきさんは、ここ数年のことを思い出したのか泣いてらした。シングル・マザーに幸多かれ~!

トップ3に残った方の全国大会のご健闘を祈ります!

帰りは残念会を兼ねて、勿論飲み会です。失礼ながら正直なトコ、こちらがメインかも。(不慣れな携帯で撮ったからなんか写真が上手に入りません。)

061105_185500020001jpg_2 061105_185500010001jpg_3 061105_185600010001jpg_4 061105_185600020001jpg_4

行ったのは庶民の味方、新橋。

私は初めてだったけど、平日はものすごく混んでいるそう。

日曜日で会社がお休みだから空いている、と言っていたけど結構活気があった。

どれもこれも美味しくて、とにかく安い。カニの甲羅にカニ身と味噌がぎっしり詰まって¥900くらい。電車賃を払ってもまた行きたいと思ったほど。まぁ帰り道を考えると実際に行くかどうかは微妙。 …何せ遠い。

061105_20580001jpg_moon 地元に着いて地下鉄を降り空を見上げたら、見事なお月さま!

今夜は満月だったのか?隣の連れは…??

気をつけろ、私。襲っちゃダメ!  がるる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6分咲きの桜

ゴン太クラブの“お気楽写真メール”に先日撮った写真が載りました♪

良かったら見てやってください。トップページの真ん中右側です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

三連休

明日からの三連休はお天気にも恵まれそうで、絶好の行楽日和になりそう。

神奈川の鎌倉方面に紅葉狩りに行こうと思ったけど、今年はまだ早いらしい。東京の高尾山か埼玉の長瀞辺りはどうだろうか?甲州街道・多摩御陵の銀杏並木も捨てがたいなぁー。

秋っていいよね。季節の移ろいを感じられる日本に生まれてしあわせだなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »