« ドリアン | トップページ | 家来復活! »

節分

今年も高尾山や成田山での豆まきの模様がニュースで報じられる季節になった。

豆をまく方は笑顔だけど、もらう方は他を押しのけて必死の形相で、見るたびに“地獄の餓鬼”と“獄卒”。そして「地獄の沙汰も金次第」という言葉を三点セットで思い浮かべるのは、私だけなのだろうか?

人の悪さがつい出てしまう。

節分の翌日は立春で、暦の上ではもう春。

今年は大暖冬で、あまり冬らしい厳しい寒さではなかったけれど、春ときくとなんだかワクワクしてくる。

梅の便りもチラホラ聞かれ、すぐに満開の桜を愛でる季節になる。

そんな事に思いを馳せる、文字通り季節の分かれる節分だった。

|

« ドリアン | トップページ | 家来復活! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節分:

« ドリアン | トップページ | 家来復活! »