« 47分の39 | トップページ | 3日目 »

2日目

10時にチェックアウトをして、ハイカラ・バスで会津若松駅へ戻りました。

Photo_015_2

何がハイカラなのか???

小さなバスはすし詰めで、帰りの客は乗り切れません。

路線バスは9:45が午前便の最終だそうです。

ホテルの人はそんな事、ひと言も言っていませんでしたし、

インフォメーションにも書いてありません。

ちょっと不親切です。

20人近くが20分後の臨時便か、

30分後の定期便まで待つようです。

私は運良く乗れたけど、人いきれで窓は曇って景色も見えません。

ホテルの人が

「東山温泉は最盛期に比べ宿が半減した。客が呼べず、更に寂れていくばかりだ」

そう言ってらしたけど、こんなアクセスや対応の悪さを考えると、仕方ない気がします。

Photo_017_2

会津若松駅。

ここから磐越西線で郡山へ戻ります。

Photo_018_2

Photo_019_3

田んぼでも畑でもない、雑種地が延々と続きます。

向かいの線路は使わなくなって久しいのか、さび付いています。

Photo_020

やっと郡山に到着。

電車の時間が結構あるのでお昼をいただきました。

Photo_010_1

大えびてんぷらそば、雨で観光も出来ないので飲んじゃいました。

やる事もないので駅の中をブーラブラ。

Photo_016_2

「みんなだったらどっちの箱サ選ぶ?」と

福島弁で、おばあちゃんはみんなに民話を話していました。

そろそろいい時間なので磐越東線に乗り込みました。

電車には、こんなボタンが。

乗る時はこのボタンを押してドアを開けます。

070715_12230001

降りる時はこのボタンを押します。

070715_12160001

「なんでだろう?冷暖房のためかな?」

暢気に構えていたら、いわき行きの電車が運休になり、

高速バスで代替輸送するのを知りあわてて駅前へ。

うっかり、ボタンの写真を撮ってた電車の中に傘を忘れてしまいました。

Photo_021_1

猛烈な雨と風です。

Photo_022_2

ようやくいわき駅前に到着。

ここから路線バスで湯本まで行きます。

Photo_024_1

クラシカルなバスです。

Photo_023_1

床が木です、木の床です。まるで二十四の瞳の時代です。

こんなレトロなバスが現役で走っているのは、なんか嬉しい。

そして何故か、

Photo_026_1

網棚に寝袋と座布団。なぁ~~ぜぇ~だぁ~?!

今夜のホテルはなんの特色もない。

お食事もお味噌汁以外、温かいものは1つもない。

Photo_028

色々あって疲れたから、今日は早く寝よう。

温泉も狭くてつまんないから、寝よ寝よ。

|

« 47分の39 | トップページ | 3日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2日目:

« 47分の39 | トップページ | 3日目 »