« 高山後記 | トップページ | 飛騨の里後記 »

古い町並み

陣屋から古い町並みへ行きます。

あ!

関西ではよく見たけど、高山も関西寄りなのかしら?

こんなものを発見。

Photo_047

関西人はいらち(気短)だから、あとどのくらい赤信号が続くかを知らせるもの。

赤は「気をつけて渡れ」と解釈しているから、こんなんあっても渡るけどね~。

関東では、この標識とさすべえは見かけないから懐かしい気がした。

Photo_050

この可憐なお花はなんて名なんだろう?

Photo_051

Photo_054_2

Photo_058

フラッシュをたかないとほとんど見えません。

Photo_053

昔はこのくらいの明かりの中で暮らしていたんでしょうね。

実体験は勿論ないけど、懐かしい気がしました。

Photo_055

Photo_056_2

新酒が出来たと知らせる、ヒノキ玉。

Photo_059

Photo_061

木造3階建ての家が多い。

Photo_064

Photo_065

Photo_066

コンビニも景観に配慮して、色も明かりも抑えています。

上の駐車場も、いい感じ。

Photo_067

Photo_068

まばゆい光の中で暮らすことに慣れていて、

それをなんとも思っていなかったけど、

古い町並みを歩いてみて、不便はあるだろうけど、

本当の人間の暮らしって、こういうんじゃないかと感じた。

夜は暗い方がいいのかもしれない。

…たまに行くから、そう思えるのかも知れないけど…

|

« 高山後記 | トップページ | 飛騨の里後記 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古い町並み:

« 高山後記 | トップページ | 飛騨の里後記 »