« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

トキメキ?!

お友達が引っ越し祝いにくれた蘭ちゃんの、
「セカンドラブ トキメキ」

看板に偽りなし・・・
ドキドキしている。

残念ながら二足歩行のハンサム相手ではない。

朝見たら
つぼみが落ちていて、
つぼみには小石がついていた。
その小石が、 動いた!

「なんじゃ、こりゃ!!」

小さなカタツムリだ。

虫が苦手な私だけど、
さすがにこのサイズだと怖くない。
怖くないけど、蘭といえばシンガポールとか南国の花。

これから迎える梅雨時に
一気に大きくなりはしないかとドキドキしている。

気にして覗いてはピンセットで取っているけど、
ある朝突然に巨大化してたら・・・

また引っ越すようかぁ?!

違うトキメキが欲しかった!嗚呼!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

零細なシアワセ 懸賞


暇つぶしに見ていた雑誌の、
クロスワードパズルがあっさり解けたから、
余っていた年賀状で応募してみた。

2週間たった今日、
ジャジャーン!



ピーターラビットの図書券¥1000分が当選。
可愛らしい絵で使ってしまうのがもったいない感じ。

趣味の本を買わせて貰おう。
ありがとね♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

引っ越し祝い

引越し先の様子を見に
お祝いの鉢植えの蘭を携えて、
お友達が遊びに来てくれた。



出窓に飾り、ここだけ春爛漫。



この蘭の名は「セカンドラブ トキメキ 」だって。

「随分、意味深じゃな~い?」
笑いながらお友達の顔を覗いたら、
頬を若干赤らめたのを、
人の悪い私が見落とすハズもない・・・

「誰か好きな人がいるのね?
お互いもう大人だから根掘り葉掘り聞かないけれど、
包み隠さず全て話せ!

あはは。
冗談よ。
話したくなったらいつでも聞くわよ。」

そんな軽口を叩いた。


そこだけ華やかになった出窓の蘭を見ながら、
しみじみ、気兼ねなく付き合える友達っていいなぁ。
そう感じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お雛様

今年もお雛様を飾りました。

毎年避暑に泊まりに行かせて貰っている、
通称、河口湖の別荘の管理人と呼んでいる、
幼稚園時代からのお友達からいただいたもの

引越しで桔梗の器が割れてしまったけど、
貰ったときはこんなうさぎ雛だった。

お雛様を出した事、今日は暖かい事をメールしたら、
「河口湖も昨日からいくらか暖かだけど、
今朝の気温は-10。熊のように冬眠したい・・・」
って返信が来た。

それってツンドラだよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胃潰瘍 再検査

あー!
死ぬかと思った!!!

昨年末の健診で引っかかった、胃潰瘍と不整脈。
引っ越して間が無いので、どの病院がいいのか分からない。

消化器と循環器の病院を別々に行くより、
総合病院で受診した方がいいかな?
と思って駅前の総合病院へ行った。

最新の胃カメラは、細い管を鼻から入れるらしい。
4年前に飲んだ(?)時は、口からのタイプだったから、
鼻からのタイプと口からのタイプと2つあるんだと思ってた。

年末の健診の結果を見せたら案の定、
「一応胃カメラで検査しましょう」ということになった。
日にちを決めて前日からの注意事項等の説明と、
「口から飲むタイプの胃カメラ」であることを聞いた。

前回受診したときは、
喉を麻痺させる薬を塗ったり飲んだり繰り返した後、
精神安定剤を注射している途中から意識が無くなり、
気がついたらベッドの上で、全て終わっていた。

なんとなく、カメラを飲み込む瞬間苦しがったのか、
「もう大丈夫ですよ」と声を掛けられた気がするけど、
何の苦痛も無かった。
30分ほど休んで、ふらつきながら帰宅した。

今回も車を置いて、バスで行った。

午前9時に到着して、おばあさんの次だった。
おばあさんは15分程度で終わって、歩いて出てきた。

この時点で私の頭の中に「?マーク」が点滅。

私の番になった。
「終わってすぐに歩けるんですね?」と話しかけると、
「ええ、歩けますけど?」
-看護士さんは「何言ってるの?この人??」って顔。
会話がかみ合わない。
頭の中の「?マーク」が更に点滅。

「ハイ、この薬飲んで」
50ミリリットルくらいの白濁した液体を飲み干すと、
「ハイ、この薬を喉の奥に5分くらい溜めておいて」
なんだかとっても苦い薬。

5分後。

「ハイ、じゃあその薬ごっくんと飲んだら注射します」
(エッ?もう注射?)と思った。
「ハイ、この台の上に仰向けになって」
(エッ?もう横になるの?)
前回と大分勝手が違う。

女医さんが近寄ってきて、左下向きに寝かされた。
そして横長のO字型のマウスピースを咬まされた。

「カメラは勝手に入っていきますから、力を抜いていてくださいね」
(エッ?もうカメラを入れるの?早すぎない??)
しゃべる暇もなく、
するすると直径1センチほどの胃カメラが私の口の中へ・・・

「ドエ"-!」
「ゴエ"-!」
「バホッ"!」
「グエ”-!」

やっとこさ喉を通過したけど、麻痺してないじゃん!!
食道を通るのも、胃壁に当たるのも丸分かり。

「ハイ、力抜いて」
(抜けないよ!)とゲボゲボしてたら
2人がかりで押さえつけられた。
痛いより怖い!!

女医さんが「ここにポリープがあります」と説明するのだけど、
「ここに」で「ドヘッ!」
「ここにポリ・・・」で「ウ"グッ!」
話にならん。

もう胃潰瘍でも胃癌でもいいからこの管を取ってくれぃ!

心の中でそう叫んでいた。

「十二指腸の写真を・・・」と女医さんは言いかけて、
管を更に奥へ入れかけたけど、
あまりの私の苦しみように
「もうやめようか?」と独り言のように言った。
私は首が動かせないから、
マッハの勢いで右手で、
「そうだ、そうだ、もうやめよう!」と合図を送った。

終了!

あ~死ぬかと思ったぜい!!!!!

「前回もこんなに辛かったの?」と女医さん。
涙を拭き、鼻をかみながら
「いえ、注射の途中から何も憶えていません」と答えると、
「ああ、ナントカ式ね(聞き取れなかった)
ウチは終わってから寝るところがないから、この方法なの」

あー、口からのタイプも2つあるんだ!

結局、
「ポリープは先端がビランしているけど
色が鮮明だし悪性ではなさそう。
十二指腸までは見れなかったけど・・・」と女医さん。

次回の健診で引っかかったら、また胃カメラだって。
それまで経過観察ってことになった。

時間とお金が掛かっても、
全然苦しまない病院を探そう!と固く心に誓った。

私の次のオジサンも、ハンカチ片手に
「涙、涙だったよ!」と苦しそうに出てきた。

胃カメラのバカヤロー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝の・・・

お友達に迷惑メールの対処法を聞いたら、
「URL付きのメールをシャットアウトすればいい」と教えてくれた。

で、やり方も分からないのでやってもらった。

メールの設定画面から
暗証番号を入れてPCから送られる人のアドレスを除外して・・・
って進み、3分ほどで設定変更終了
「これで大丈夫だと思うよ」と心強いお言葉♪

今朝見たら迷惑メールが皆無。やったー!

朝から迷惑メールを削除する必要も、
メルアドを複雑なのに変える必要もなくなった。
なんだかとっても嬉しい。

私、これでもパソコンの資格持ってるのよね。
携帯持つのが遅かったってコトがあったにしても、
何の為の資格だったんだろう?
宝の持ち腐れだゾ!

もっと柔らか頭で応用するように心がけましょう、私!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

呆れる人々

迷惑なメールがたくさん来る。
アダルトサイトというのだろうか?なんかHなメール。
アドレスを憶えちゃうほどたくさん来る。
こんなん引っかかる人がいるのだろうか?

Hなのも迷惑だけど、
昨日実に不愉快なメールがきた。

「アナタは天中殺と大殺界のハザマにいます。
大変なことになりますよ。
私なら今のアナタを救えます」
と人を不安に陥れるメールだ。

以前社会問題になったような、
「助かりたかったら、このツボを買いなはれ」
「この数珠をはめなはれ」の類だろうか?
腹立たしいったらありゃしない!怒!!

話は変わって、
スーパーにお買い物に行った。
犬用に、値引きされた肉をよく買うのだけど、
ここ最近は値引きのシールが変わってきている。

以前は「50円引き」 「30%引き」ってシールだったのが、
今は、「¥608の商品 ¥100引き」
「¥720の商品 50%引き」
と、元の値段を表示して値引き額を書いてある。

レジが空いていたので
「シールが変わったんですね」と話しかけてみた。

通常、賞味期限や消費期限をみて割り引くのだけど、
まだ割り引く必要の無い商品に
勝手に割引シールを貼る客がいるのだとか・・・
「これだって立派な犯罪ですよ、万引きと同じでしょ?」
レジの人はそう怒っていた。

こんな人たちってなに考えてんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなモノ買ってみた。防滴ラジオ

脳リョウが細いらしい私は、
所謂、右脳人間とか男脳とか呼ばれている。

小学生だった頃、
1年から4年までは担任が男の先生で、
「それもアリかも~」と結構気ままに育てられた。
5年の組替えで初めて女の先生が担任になった。

厳しい先生で、
手紙を書くときにテレビやラジオを聴きながら書くのは
相手に失礼である。とか、
柄物の便箋や封筒は、
自分の好みを押し付けるようなものだから、
白い便箋に黒いインクで書くべきである。とか、
「そんな事どっちでもいいじゃん」と思うほど
細かいことにまでうるさかった。

うるさかったけど、
小学生の頃は先生の存在って大きかったのと、
元来の私の性格プラス、2年間ワーワー怒られてるうちに
まんまと先生の型にはめられた気がする。
その結果、
今でも音を聞きながら字を書けなくなったと思っている。

こうして何か文字を書いたりするときは、
音源を止めないと文章がまとまらない。
それもこれも小学生時代のアノ先生に起因している、と思う。
恨んじゃいないがそう思う。

それは文字のみに限ったことではなく、
テレビを観ればじっと見入ってしまうし、
電話が掛かってくれば、お気楽な内容であっても
仕事の手を休めて集中してしまう。

だからコチラの都合に関係なく掛かってくる電話が苦手だ。
「今話しても大丈夫ですか?」と一応聞いてくれるけど、
「もうすぐ出掛けます」とか「ちょっと都合悪いです」とは言えない。

テレビもちゃんとじっくり観れる時を選んで観ている。

まあ、そんなこんなで料理とか掃除とか、
何かやりながら聴けるラジオが重宝している。

それでお風呂でも聴ける防滴ラジオを買ってきた。



スタンドにしたときの足が色々な角度に変えられて、
持ち運んだり、ぶら下げたり、立てかけたり出来る。

キッチンでお風呂でと、のんびり聞いている。

単3電池3本必要で、電池別売¥900也。

こりゃいい買い物だったわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くたびれ儲け


広報に
「ウッドチップと間伐材を差し上げます。
2/9のみ。袋持参、搬入各自で」
と載っていた。

転居先の庭がぬかるんでいるので、
これ幸いと貰いに行った。

・・・同じ市内なのにすんごい遠い。
しかも道を知らないからかなり遠回りをして、
車で1時間も掛かってしまった。

9時からの配布だったけど、
今日は午後から雪の予報だから
あまり人もこないんじゃないの?なんて
自分に都合のいい解釈をして
10時に自宅を出発した。

到着したのは11時。
間伐材は若干残っていたけど、
ウッドチップは用意した20トンがあっという間に無くなったという。

あ~あ、くたびれもうけの・・・

でも間伐材を貰いに来ていた人たちが、
「車に積んであげるからバックでここにつけないさい」とか、
「チッパーで安く削ってくれるとこ教えてあげるよ」とか、
みんな親切でいい人たちだった。

小雪舞うなか小1時間もかけて出掛けて空振りだったけど、
ホッと気持ちが温まる人たちに会えて、
これはこれでラッキーだった。

夕方から本格的に降り出した雪は、もう10センチくらい積もっている。

間伐材を貰った人たちは、
それぞれのお宅の暖炉にくべているのだろうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷の芸術

愛犬と散歩していたら、
雪がまだ残っている日陰があった。

しばらく行くと、小川の斜面の陽の当たらない所に、
樹氷ならぬ樹草が出来ていた。

見ただけで寒い。
あー、もう帰ろう。と、お散歩終了!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなモノ買ってみた。液晶テレビ

買っちゃいました、42型の液晶テレビ。


色々悩んだけど、やっぱりコレ
『世界の亀山モデル』フルスペックですよね!

リモコンはこんな感じ

操作しやすいし、
サイドにちょっと出っ張りをつけて、
手になじみやすくしてあるのが有難い。

ただ1つ難点は
『映像判別動作中』
とか表示されて、
縦横のサイズ変更がチョコマカあるの。
これが結構目が疲れる。

地上アナログが終了したら無くなるのかしら?

近々5.1CHのスピーカーつけて
DVD鑑賞を愉しみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪  

昨夜から降り出した雪が積もっている。

遠くの丘も家も雪化粧。

私の軽も手荒い洗礼を受け

塀の上もこんなに積もった。

前回より大雪だ!
こりゃどこへも出掛けられんゾ、と、
朝のニュースの交通規制を見ていたら、
長野の友人からTELが来た。

「まったく都会は脆弱で過保護だよねー!」
いきなり鼻息も荒く、
藪から棒に、なぁに?どうしたの?

「だってさぁ・・・
交通機関はすぐ麻痺するし、
危ないからポケットに手を入れて歩くな、
歩幅は狭くしろ、ってそんなの常識でしょ?
わざわざニュースで言うことかぁ?」と続く。

この友人は6日の水曜日にウチへ泊まりに来る予定だ。

「そうかもね~。
それよりSちゃん、こんな大雪で6日に出てこれるの?」
そう聞き返したら、
「Nちゃん、こんな雪で動けなくなったら長野に住んでられないよ!
私の軽は15センチ程度の雪ならバンバン走るわよ!」

ひぇー!

15センチの雪を物ともせず走る軽ってスゴイ!
15センチの雪を「15センチ程度」と言い切る友人もすご過ぎ!

愛犬でさえ、ハウスに引きこもったまま出てこないのに。
私達ゃ北進できないね!

      

軟弱なもやしっ子は、暖房の効いた部屋で雪見酒でも飲もうっと!
   

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ネズミーランドのダルマ

フリーペーパーで見つけた美容院へ行ったら、
受付に変なダルマがあった。

今年が子年だからか?
お土産にもらったそうで、
中におせんべいが入っていたらしい。

見たことあります?
こんなんです↓↓↓





商魂たくましいと言うか・・
ちっとも可愛くない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

シェアメイト 募集編

引っ越して1ヶ月が過ぎ、大分落ち着いてきたから、
近くの大学にシェアメイトの募集に行ってきました。

カフェテリアの横に学生ホールがあって、
そこにコンシェルジュなんかもあっちゃって、
今の私大ってすごいおしゃれねー。

本や文房具の購買部は当然だけど、
教習所や旅行の窓口もあった。

私はお部屋斡旋の窓口へ行ったのだけど、
ここの受付の男性は、今風のイケメンで可愛らしい顔をしてる。
用件を話すと責任者を呼んでくれ、しばらくすると、
「ルームアドバイザー」という名札をつけたオジサンが現れた。

このオジサン、ワイシャツにスラックスで紺のセーターを着ているのだけど、
自宅で白いネコを飼っているのか、
セーターがネコの毛だらけで信じられないほど汚い。

家にコロコロはないのか?
奥さんはいないのか?
プチ潔癖症の私は、あ、めまいが・・・
ネコアレルギーもあるので、なるべく離れて話したい。

ところがこのオジサン、
信じられないほど声が小さい。
よっぽど気が弱いのか、空腹なのか・・・

あまり近くに行きたくないし、
長いこと話したくないので、
早速部屋の写真付き図面を渡した。



失礼&無礼な私は、手渡してとっとと退散する作戦だった。

ところがこのオジサンに蚊の鳴くような声で色々質問されて、
結局15分も横に並んで話すことになってしまった!

問い合わせがあったら、またこのオジサンにも会わなきゃならんのだろうか?

・・・憂鬱じゃ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »