« 鳴門の渦潮 | トップページ | ラーメン »

糠床

岸和田の水ナスを食べて、
やっぱり美味しいと思った。

水ナスも好きだけど、お新香が好きなのだ。

亡くなった母が料理上手で、
漬物も天才的だった。
糠みそも塩漬けも教えてくれると言うのに、
いつも逃げ回っては遊び呆けてた。

いま思えば勿体ない事をした、と後悔している。

それでも口が憶えているんだろう。
勘で、こんなもんでどうだ?!
と加減して作る床が、
母と同じ味になっているらしく、
父からも好評だ。

私は甘い物をいただかないせいもあってか、
お茶菓子もお新香だと嬉しい。

そんなんで、ついつい食べ過ぎてしまい、
血圧が境界域に達したのを機に、
高血圧になる前に糠床を処分してしまった。

今回、水ナスを食べて、
また自家製の糠みそを食べたくなった。

即実行!

買って来ました、糠樽を。(タッパだけど)
これで6リットル容器です。¥600

P1010540

生ぬか1キロのトコを作って3日目。
捨て漬けも終わってこんな感じです。
香りもいい感じに出来てます。

P1010541

さあて。今日から本漬け。
隣のYさんが新鮮な大根をくれたので、
きゅうりと一緒に漬け込みます。

お新香っておつまみにもなるし、
楽しみだわ♪

P1010542

ところで、関西に住んでいるときに、
「お新香」って言うたびに、「お漬物?」
「糠みそ」って言うたびに、「糠漬け?」
と聞き返されてたけど、
方言なのかしら?お新香とか糠みそって…?

ワカシとイナダみたいなもん?

|

« 鳴門の渦潮 | トップページ | ラーメン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 糠床:

« 鳴門の渦潮 | トップページ | ラーメン »