« 沖縄んな夜 | トップページ | 励まし »

葉生姜のころ

葉生姜の美味しい季節になった。
お味噌を付けて日本酒のおつまみにする。
料理とは呼べない単純な酒肴だけど、
生姜の香りが夏を爽やかにしてくれる。

今まではスーパーで縦長のを買っていたけど、
今回、農家から横長のを買った。

私がモノを知らないだけかもしれないけど、
この形のは初めて。

P1020018

縦長のを谷中生姜と呼んでいたけど、
コレはなんと呼ぶんだろうか?

関西に暮らしていた頃は、
食べ物もだいぶ違っていた。

谷中生姜、葉生姜は見たことがないけど、
春先に葉っぱとごぼうの根の部分が半々の、
新ゴボウと呼ばれるごぼうが売られていた。

味付けタコは売っているけど、
酢ダコは売ってなかった。

イカは剣先イカがメインで、
するめイカはあまり食べないようだった。
でもさきイカの天ぷらとかあったなぁ。

さきイカはそのままで充分おつまみでしょ?
それを天ぷらにしちゃうのよね~。

赤ベラとか青ベラという、
熱帯魚みたいな魚もあった。

鯖の切り身はキズシと呼ばれ、
生じゃなくて酢で〆てあったっけ。

魚に限らず同じものなのに、
違う呼び名のものは数知れず…

関西には関西の歴史の食文化があって、
東京は東京の食文化がある。

私は家の都合で引っ越しが多かったけど、
いろんな土地に住めて良かったと、
いまは本当にそう思える。

旬の葉生姜を見ながら、
ここ数年を思い返している私だ。

|

« 沖縄んな夜 | トップページ | 励まし »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

お酒の話」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葉生姜のころ:

« 沖縄んな夜 | トップページ | 励まし »