« 到来物 香住の海産物 | トップページ | 野良仕事 »

離婚!

夜は顔を寄せ合い、
狭いながらも楽しい我が家。

そんな微笑ましい2羽だった
コ-トリー夫妻。

破局です。

4月29日の午前中の事です。

随分にぎやかなさえずりが聞こえ、
どこの子だろう?と声の方をみると、
コートリーの巣からでした。

巣の中のツバメが大きな声でさえずっていました。
巣の淵にいたもう1羽は知らん顔。
そして飛んでいきました。

2羽一緒にいるのを見たのは
その日が最後です。

土曜日に朝も夜も1羽。

P1030554

どうしちゃったんでしょう?
心配ですが、夫婦間で解決する問題かも…

そう太平楽に構えていたら、

ショック

抱卵放棄です。

P1030594 

P1030593

P1030595

可哀想に。

玄関先にこの卵が落ちていました。

去年は1番先に孵化した卵の殻を
落してくれたけど、
今年は黄身も白身も入っていました

|

« 到来物 香住の海産物 | トップページ | 野良仕事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鳥の話」カテゴリの記事

コメント

びっくりしました~!
こういうこともあるんですねぇ。。
何度も読み返して、いろんなことを考えました。
巣の中で大きな声でさえずってたのは、
何かしらの事件が起こったからで、
卵はそのときに割れた、、かもとか。
抱卵中止ではなくて、割れた卵を掃除しただけかな、とか・・
抱卵中は2羽が一緒にいる時間は短いのですが、
じゃあ、ほんとに一人ぼっちなのかどうか、、
写真は奥さんのようだけど、
もう巣に入ろうとはしないのでしょうか。
もし、そうなら、しばらく様子を見て
卵が巣の中にまだあるようなら、
取り除いたほうが良いかもしれません。
残された一羽が再婚する可能性もあると思いますので、
その際の営巣に卵が邪魔にならないほうが良いかと思いますので・・
などと、いろいろと考えを巡らしましたが、
一番楽観的に考えますと、何かの理由で割れた卵をお掃除、
コートリーご夫婦は離婚ではなく、交替で巣に帰ってきているだけ
抱卵中は2羽が一緒にいることは少ないので・・
離婚でないことを祈ります。
かってな想像を巡らしまして、すみませ~ん。
つばめさんの季節はまだまだこれからですので、
お気を落とさずに、新たな展開に期待しましょうね。

投稿: 大家 | 2009年5月 6日 (水) 00時20分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 離婚!:

« 到来物 香住の海産物 | トップページ | 野良仕事 »